PR: Webコンテンツマーケティングの最新動向

近年、マーケティング手法のうち、特にWebコンテンツの分野で大きな変化が起きている。
Web施策のトレンドの変遷を追うとともに、Webコンテンツに特化したクラウドソーシング事業を開拓してきた宮嵜幸志氏(Demowrite代表)に最新動向を聞いた。

もうひとつ理解が進まないWebマーケティングの背景

周知のとおりマーケティングはミックスであり、企業ごとに複数の手段から独自の配合を見出すことが事業責任者の中心的なミッションとなっている。

マーケティング・ミックスを適切に設計するためには、無数にある個々の手法をくわしく知ることが有効だ。

従来型のマス媒体などは電通・博報堂を始めとする広告代理店が取りしきる業界構造が定着してきたため、一定の説明責任が満たされてきたと言える。
一方で、WebマーケティングについてはPRしたい企業が自ら運用できるツールがあるため、期待効果を理解できないまま取り組むケースが頻発しやすい。

 

顕在ニーズを刈り取るWebメディア

まず始めに、Webマーケティングの特性を理解しておく必要がある。
テレビなどのマス媒体は購買層となる視聴者に直接露出していく「プッシュ型」だが、Webメディアは検索などで通りがかった読者が探索してたどり着く「プル型」だという根本的な違いがある。

プル型は、潜在ニーズを幅広く掘り起こす波及力には欠けるが、顕在ニーズ層に絞って効率的にアプローチできる強みがある。

「最近はバズメディアが多く開設されるようになりましたが、Webはバスコンテンツのような興味喚起の機能というよりは、本来は商品理解や購買のクロージングに強みがあります」と宮嵜氏は語る。

 

Webマーケティングの成否を決めるコンテンツ力

Webマーケティングの集客口として、リスティング広告やSEO(検索エンジン最適化)が知られている。
これらは、掲載箇所こそ異なるものの、要するに検索結果画面のより上位に目的の記事を表示させることが狙いという点は同じだ。

従来は、SEOには検索エンジンの計算ルールを推測してテクニカルに上位表示させる裏技的な手法があったが、近年はGoogleもYahoo!もこのような不正の検出精度を高めて対策してきた。

その結果、Webマーケティングは「いかに説得的な読み物を顧客層に提供できるか、という実質が問われる分野になった」と宮嵜氏は主張する。
紆余曲折を経て、非常にシンプルなマーケティング手法に到達したと見て良い。

 

Webコンテンツへの誤解が施策普及を阻害している

現時点では、Webサイトに掲載するテキストに積極投資する企業はまだ少ない。

ひとつにはこれまでに見てきたようなトレンドの理解が進んでおらず、ターゲット顧客層に沿ったコンテンツの重要性に気づいている企業が少ないことが要因となっている。

また、Webサイトの投資回収を他の広告手法と同様に短期施策と位置づける誤解も根強い阻害要因になっている。
Webのメリットは圧倒的な維持コストの低さにある。
そのため、一度の投資でコンテンツを用意すればほぼ無期限に掲載しておけるのが一般的な広告との大きな違いだ。

 

企業の強みをWeb向けにリライトすることが有効

じっさいにWebコンテンツ・マーケティングの施策を試したいと考えたときに何かハードルはあるのだろうか?

宮嵜氏の分析によると「商談の際に、お客様の悩みはほぼ書き手がいないことに尽きます。Webのために常勤のライターを抱えるのは現実的ではありません。そのため、Webコンテンツに実績のあるクラウドソーシングは書き手不足を背景に需要が伸びています。」

既存の資料をもとにWeb向けにリライトしたコンテンツを地道に揃えていくことが、一見遠回りのようでいて実は近道になる。

 

今回のインタビュー:Demowriteについて

WEBライティング特化型 クラウドソーシングサービスです。フリーライターや副業ライターと記事を必要とする企業様をマッチング致します。

http://demowrite.com/

demowrite