ユニコーンリサーチは、クライアントと共に企業の成長を考える「カスタムリサーチ」サービスを提供しています。


リサーチの流れ

  1. 課題設定:広範なビジネス課題の中から優先的に解くべき重点課題を抽出、リサーチテーマを設定
  2. リサーチ活動:テーマに沿って情報収集を実施、中間段階で概況をレポート
  3. 市場仮説策定:事業分野周辺の市場仮説を簡潔なストーリーとその背後にある事実の構造に整理して仮説を策定

リサーチのお問い合わせはinfo@uniqrn.comまで。


利用ケース

漠然としたビジネス課題に対して、ユニークなアプローチで解決策を提示してきた実績があります。

既存ビジネスの新規市場における有望性評価

受託型サービスを一般市場へと拡販していくシナリオは、新規事業立ち上げの保守本流とも言えます。拡販フェーズにおける課題は、数年スパンの市場見通しの判断材料を入手することが難しい点にあります。
有望性評価のケースでは、隣接する代替商品の市場特性を理解することでマクロの需要動向を推定しました。

新規事業むけ非顧客マーケティング

新商品を市場投入する際、当初は仮説にもとづくプロダクトアウト・アプローチを採ることになります。その後の本格立ち上げでは、マーケットの声にもとづく仕様修正が商品力強化のカギを握ります。
新規事業立ち上げのケースでは、その商品を買わない”非”顧客も含めた拡販ヒアリングを通じて商品強化のシナリオ仮説を策定しました。

新商品のプライシング

ビジネスサービス分野では単一市場に多彩な仕様の商品が供給され、コモディティのように価格形成が自明とは限りません。このような市場のプライシングでは、空論に陥ることなく実際に購入される金額を設定することが課題となります。
プライシング用途のリサーチのケースでは、複数分野の商品の理論価値を推定して商品価格を導きました。

テクノロジー・リサーチ

IT分野では無数の新技術が登場しますが、そのすべてが定着するわけではありません。
テクノロジー・リサーチのケースでは業界のプレーヤーの活動を横断的に分析・評価することで、市場浸透可能性のシナリオを評価しました。

リサーチのお問い合わせはinfo@uniqrn.comまで。


分析手法

ビジネス課題に沿った市場仮説を的確に抽出するため、以下のような手法を組み合わせて分析します。

ベンチマーキング

同業種・類似業種のトップ企業を3社程度セレクトし、過去数年の業績動向から市場の外観と特性を抽出する手法です。

シナリオ分析

市場が今後とりうる変化を少数のシナリオに分類し、企業が対処すべきチャンスとリスクを可視化する手法です。

コア・コンテキスト分析

ジェフリー=ムーアが提唱する資源戦略分析フレームワークです。市場動向から付加価値を生み出すコア・プロセスを特定し、組織活動の重点ポイントとプロセス代替戦略を導くワークを行います。

リサーチのお問い合わせはinfo@uniqrn.comまで。