PWA・WebUI

Ramda.jsでカリー化する

Ramda.jsには任意の関数をカリー化するcurry()があります。 curried_func = R.curry( (arg) => { some_code...

Material Web Components リスト

Web向けのマテリアルデザインフレームワークのMaterial Components for Web(MDC)をWeb ComponentsとしてリパックしたM...

Polymer 3の使い方

WebComponentsを先導してきたPolymerがGoogle I/O 2018でPolymer3.0をリリースし、アーキテクチャを大きく変えました。 実...

lernaでmonorepo管理

lernaはnpmベースのJavascriptプロジェクトでモノリシックなレポジトリを構築するツールです。 一括ビルド・一括テストなどの共通ワークフローやdev...

dom-repeat: Polymerの階層データ処理

Polymerのdom-repeatを活用することで階層データのテンプレートを構造的に記述できます。 たとえばsomeonesというプロパティに、オブジェクトの...

paper-menu-button

paper-menu-buttonは、Material Designに沿ったWebComponentsベースのドロップダウンメニューです。 以下のPolymer...

vim8でコード補完(TypeScript)

vim-lspプラグインを利用することで、vim 8でもLanguage Server Protocol経由でコード補完機能を使えます。 例としてTypescr...

D3.js向けSVG情報

SVGフォーマットの画像は、画像ファイルであると同時にXMLドキュメントでもあり、プログラムで生成することも可能な形式です。 D3.jsはJavascriptの...